道産子による『北海道遺産』紹介サイト♪

北海道遺産/流氷とガリンコ号

【北海道遺産/流氷】

毎年寒さの一番厳しい季節になると聞こえてくる流氷のニュース。流氷は北海道遺産です。オホーツク海の流氷は、アムール川から流れ込んで塩分が低くなった海水が凍り、凍る過程で塩分が排出されたものといわれる。この流氷は日本のはるか北、シベリア大陸の沖合にあるオホーツク海で海水が凍ることにより誕生します。緯度の関係から、冬は厳しい寒さに見舞われる北海道。1日の中の最高気温が零下という真冬日も珍しくありませんが、そんな真冬の北海道だからこそ体験できる素晴らしい自然現象があります。それは"流氷(りゅうひょう)"。北海道のオホーツク海沿岸は、例年1月下旬から3月末頃まで流氷を間近で見ることができる日本国内で唯一の場所です。流氷が海を埋め尽くす風景は、見た人に驚きと感動を与える素晴らしいものです。

【北海道遺産/流氷初日~】

そして、寒さが増すと共に季節風に押されるようにして樺太(サハリン)沖からオホーツク海をゆっくり南下、沿岸から流氷が確認できたそのシーズンの最初の日を「流氷初日」という。日本での流氷初日は、平年では北海道のオホーツク海沿岸で1月中旬から下旬頃で、例年1月下旬にはオホーツク海沿岸に流氷が到着し「流氷接岸」と呼ばれます。そして海全体を埋め尽くします。接岸した流氷は、3月下旬頃まで南下を続け、オホーツク海の広い範囲を真っ白に染めあげます。気温や風の吹き方により大きく左右されますが、勢いがある時は北海道の東側すべてが流氷で埋まってしまうこともあるとのことです。

【北海道遺産/流氷終日】

そして遅い春の到来と共に流氷は融けていき、オホーツク海から消えていきます。北海道遺産である流氷はシベリアからやってくる冬の使者であり、まさに真冬の北海道を象徴する風景だと言えますね。春が近づき、沿岸から見渡せる海域に占める流氷の割合が5割以下となり、かつ船舶の航行が可能になると「海明け」が宣言されます。また、沿岸から最後に流氷が見られた日を「流氷終日」といいます。

【北海道遺産/流氷と観光】

北海道遺産である流氷は、日本のオホーツク海沿岸の観光資源ともなっています。紋別のガリンコ号は、2007年現在「ガリンコ号II」が就航しており、網走よりも小ぶりながら、人気を博している。北海道網走市の「流氷観光砕氷船」 (おーろら、おーろら2)、北海道紋別市の流氷砕氷船「ガリンコ号II」が観光資源としての活用で知られます。運航は主に流氷の来る1月半ばから3月末日までで、天候により流氷が沿岸にいないときには、港内運航とするか、流氷のいる沖合まで足を延ばすなどしています。網走のおーろらは491トン、定員450名、おーろら2は489トン、定員450名で、流氷観光を目的とするパッケージツアー客を中心に観光時期はにぎわいます。

北海道の豊かな自然、歴史や文化を世界に向けて…
神奈川で看護師の仕事に就きたい方ぜひご利用下さい。マイジョブ看護師求人は詳細な求人検索ができますので看護師求人 情報サイトを検索するのにとっても便利!
ご依頼から見積もりまでの時間は最短で2時間! 専任者によるプラスチック加工 見積もりを迅速に行い、お客様が知りたい情報を即座にお届け致します。 見積もりスピードなら業界NO.1! 是非弊社を利用をご検討下さい!

【北海道遺産/ガリンコ号】

紋別(もんべつ)は、オホーツク海沿岸の中央に位置する港町。オホーツク海に面した町としては、網走に次いで規模の大きな町です。北海道遺産である「ガリンコ号II」は、先頭にある2本のドリル形スクリューで流氷を割って進みます。ネジを廻すと前に進む」というアルキメデスのねじの原理を利用した「アルキメディアン・スクリュー」と呼ばれる螺旋型のドリルを船体前部に装備していて、それを回転させ氷に乗り上げ、船体重量を加えて氷を割ることで流氷域の航行が出来ます。その頼もしい船とは流氷砕氷船「ガリンコ号II」。冬の紋別の観光の目玉であり、北海道遺産です。

【北海道遺産/ガリンコ号の特徴】

「ガリンコ号II」は、船の先頭にある2本のドリル形スクリューで進行方向にある流氷をガリガリと割って進む流氷砕氷船です。そのため流氷に閉ざされた紋別港を出発し、オホーツク海の沖合まで出ることが可能になりました。オホーツク海の流氷は、天然の良港である紋別港の中にも容赦なく押し寄せるため、冬は船が出せなくなります。ですから紋別には、流氷に覆われた海へ堂々と乗り出していく観光船、北海道遺産でもあるガリンコ号があるのです。

【北海道遺産/初代ガリンコ号】

北海道遺産である「初代ガリンコ号」の始まりは、実験船「おほーつく」です。元は三井造船がアラスカ油田開発のために建造した船で、1981年(昭和56年)12月26日に建造進水しました。1985年(昭和60年)の実験終了に伴い、有効利用のために日本船用機器開発協会(現・日本船用工業会)および三井造船の協力のもとに観光船に改造され、紋別市へと傭船された上で船名を「ガリンコ号」と改められました。1987年(昭和62年)2月1日就航しました。当初の定員は32名で、世界初の流氷砕氷観光船でした。その後1988年(昭和63年)に2階建てへと改造され、定員は70名となりました。1996年(平成8年)3月10日までの10シーズンに渡り、延べ8万人を超える観光客を流氷の海へ案内しました。現在は紋別海洋公園ガリヤゾーン内に陸揚げ展示されていて、その巨大なアルキメディアン・スクリューを目の当たりにすることが出来ます。

北海道民全体の宝物が「北海道遺産」

【北海道遺産/ガリンコ号II】

1997年(平成9年)1月に就航した「北海道遺産/ガリンコ号II」。総トン数は初代の4倍近い150tとなり、定員も195名と大幅に増員されました。特徴であったアルキメディアン・スクリューは初代の4本から2本に減りましたが、砕氷能力はアップし、氷厚60cmの氷を割りながら進むことが出来るようになりました。初代ガリンコ号が実験船を改造した船であるのに対し、後継機である「北海道遺産/ガリンコ号II」ははじめから流氷観光をターゲットに設計されたため、冷暖房完備の客室を持ち、自動販売機や売店も完備しているため、快適にクルージングをすることが出来ます。また、北海道遺産/ガリンコ号IIは沖合10kmまでの航行が可能となり、これに合わせて夏期の運航も開始されました。夏場は便によりデッキから釣りをすることも出来るんです。

【北海道遺産/ガリンコ号の運行】

北海道遺産/ガリンコ号の乗船時間は約1時間。暖房の効いた船室も用意されていますが、しっかり防寒対策をした上で外のデッキから流氷を眺めるのも楽しいですよ。北海道遺産/ガリンコ号IIの上から真っ白な流氷を眺めていると、ここが海の上であることを忘れてしまいそうです。北海道遺産の流氷の上では、時折オジロワシや天然記念物に指定されているオオワシなどの鳥が休憩しているのを見ることができます。鳥の動きに着目してみるのも面白いでしょう。

【北海道遺産/ガリンコ号の夏季】

北海道遺産/ガリンコ号の夏季はオホーツク海クルージング便(5 - 10月)と、フィッシング便(6 - 9月)が出ています。フィッシング便ではエサ、釣り竿をガリンコ号内に準備されていて、手ぶらで乗船しても釣りを楽しむことができます。獲物は紋別カレイ。

【北海道遺産/ガリンコ号の冬季】

北海道遺産/ガリンコ号の冬季は、1 - 3月は流氷観光便となります。乗船時間は約1時間。流氷を砕く大きなドリルで、砕けた流氷と海水が織りなす神秘的な色彩と、砕かれた流氷が船体から浮き上がってくる様は迫力満点で乗った人だけが目にし、体験出来ます。また、オオワシやオジロワシやアザラシを見ることができます。